半分水に浸かった第一白川橋梁(立野ダム試験湛水) 2024.2.4撮影

【2024.2.4 投稿】


熊本県の阿蘇の入口に位置する立野(たての)地区に、洪水時に水を溜める「立野ダム」が建設中ですが、あらかた出来上がってきたということで、1月中旬から一杯一杯に水を溜める「試験湛水(たんすい)」が行われています。
満水になったら24時間その状態を維持し、強度を確かめた後、徐々に排水して元の低い水位に戻すというものです。

IMG_3620_20240205003134fad.jpg
昨日(?)ぐらいに満水になったようで、通常時は低い水位のまま運用するこのダムの貯水池で、通常はありえないほど水位が上がっています。

そこに、かの有名な南阿蘇鉄道の「白川第一橋梁」がかかっています。
川からの高さが60mと非常に高く、アーチ形の外観も美しい鉄橋で、ちょっとした観光資源となっていますね。

大正時代にかけられた初代は2016年の熊本地震で歪みが出てしまい、架け替えられて昨年完成しています。

その橋が試験湛水で半分ぐらい水に浸かって、さらにそこを列車が通るというアツいネタ。
昨日満水ってことは、撮るなら昨日か今日。
鉄道マニアはもちろん、一般の人たちも見に来るはず。
早く行かないと、各所の駐車場が満車かも??


・・・ということで今日、4時半起きで熊本へ。



IMG_4016_3002 - コピー
1発目は7時前、まだ薄暗い時間帯。

高感度が若干苦手な私の相棒、ノイズでザラッザラですし、列車も止めきれません。

室内灯が水面に反射して、雰囲気は良好。
そういえば、この鉄橋で室内灯が水面に反射するのは、この先見ることができない光景ですよね!



IMG_4033_3002 - コピー
次は、山の上のほうの霧を入れて。
「あの雲が水面まで下りてきてくれんかな~」とか話していました。
開業時からの生き残りで、近々引退がささやかれているMT-3002ですね。

この車両は改めて車両メインで撮っておきたいですね~。



IMG_4077_4001 - コピー
次は、ダムの堤体(ていたい)の近くにある立野橋梁へ。
堤体の下のほうにある洪水吐(こうずいばき)を湛水のため止めているので、堤体上端から越水分が流れ出ている状態で、昨晩はライトアップもあったようです。
(今夜もあるのかな?)

越水の水の模様が美しいですね~。
これを背景に撮れる機会は、基本的にもうないはずです。



IMG_4117_4001 - コピー
それが立野で折り返して高森に向かうところを、また上から。

すごいですね~、ほんとに鉄橋が水に浸かってますよ~。
水が流れる力とか、浮力とかも計算されているんでしょうね。



DSC_1597.jpg
架け替え前ですが、本来の高さはこんな感じです。 2011.8.25
肝が冷える高さです。




IMG_4138_4001,4002 - コピー
今度は高森から2両編成が来るとのことで、また下で撮りました。
背後の水の模様が美しい~。



IMG_4164_3010サニー号,3001 - コピー
さらに、2両編成が来ました。
ちょっと古いタイプで、赤いMT-3010は漫画「ワンピース」のラッピング、後ろの黄色いのはMT-3001です。



DSC_1709.jpg
MT-3010のラッピング前の姿。 2011.8.25



IMG_4171_3001,3010 - コピー

IMG_4206_4002,4001 - コピー
また上に行って、さっきの2連の折返しを2本撮りました。



IMG_3618.jpg
待っている間に駐車場のキッチンカーで調達したスパイスカレーが大当たりの旨さでしたよ。



IMG_4233_3010,3001 - コピー
ちょっと移動して、高森から折り返してきたやつを、別構図で。



IMG_4274_3001,3010_加勢-阿蘇下田 - コピー
あの黄色いやつ先頭で車両メインで撮りたいと、ロケハンするも、道に迷ってしまい、苦し紛れの一発。
外輪山を背景にトリミングしましたが、意外と悪くないかも?


IMG_4323.jpg
車庫に行けば、2本目以来走ってくれないMT-2003が撮れるかも、と高森へ。
駅舎が新調されていてビックリ。
保存SLがいた所は駐車場になっていました。



IMG_4335.jpg
残念ながら、見事な空振り・・・。



IMG_4375_3001,3010_見晴台ー高森 - コピー
最後に、黄色先頭をもう一度狙うも、今度は人為的エラーでシャッタースピードの設定を間違えてしまい、流し撮りみたいになる&歩留まり低い・・・。



だいぶ疲れたし、家の用事もできたので、これにて撤収としました。

土地勘もなく、なかなか上手く立ち回れませんでしたが、頑張って行った甲斐はありました。
人は多かったですが、それなりに分散していて、駐車場が「激混み」まではなかったのが幸いでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

蓬莱電鉄

Author:蓬莱電鉄
-------------------------

福岡県の古賀を起点に活動している電車・バス好きのおじさん。
「蓬莱さん」と呼ばれることが多いです。

おもに近所での撮り鉄や鉄道模型(N)の加工を気ままに楽しんでおります。

Yahoo!ブログサービス終了に伴い、2019年6月1日からFC2ブログに引っ越ししてきました。

累計訪問者数('19.6.1~)
当月投稿状況
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示