くろがね線の貨車を作る~ホットコイル台車(4)積荷のホットコイル

ホットコイル台車の製作、少しずつ進んでおります。

前回は、4両分の台枠の形ができたところまででした。


ここまで来たら、外観上最も特徴的な積荷のホットコイル(熱延コイル)を用意しないわけにいきませんよね~。


IMG_3526.jpg
ということで、材料の切り出しです。
厚さ0.2㎜の黒いプラ板を使用。
幅6.8㎜、長さは29㎝ほどの帯状の板を、実際のコイルのように巻いて製作します。



IMG_3532.jpg
両端は少し切り落とし、角を丸く処理し、実物のコイルに準じた形状としました。



IMG_3527.jpg
巻いた後に戻ろうとする力が働きにくいよう、あらかじめ巻き癖をつけました。
片方の面には、接着剤が効きやすくなるよう、少し傷をつけています。
また、切り出した際に、カッターの刃の圧でできたわずかな盛り上がりは、出来上がった際の側面の見栄えに影響するので、サンドペーパーで削ってあります。



IMG_3529.jpg
巻き付けは、芯棒に巻きつける形でやりました。
棒やすりの持ち手部分がちょうどいい太さでしたので、芯棒として利用。
巻き取り面に数cmずつ接着剤を少量付けながら、巻いていきます。
緩まないように、かつできるだけ段差ができないように、調整しながら進めます。



IMG_3530.jpg
巻取完了!



IMG_3531.jpg
芯棒を引き抜くと、積み荷のホットコイルっぽいものに・・・なったかな?

もっと薄いのを使えば細密度が上がりますが、すごく長い材料を切り出す必要があり、調達が困難になってしまいます。
自分の手の届く範囲での工作と見た目を総合して、厚さ0.2mmがちょうど妥協点というところですね。

黒いプラ板を使った理由は、断面の層の間に塗料が回りにくかった場合や、当たったり擦れたりして塗料が落ちた場合に、気になりにくいからです。


IMG_5897.jpg
実物はこんな感じで、真っ黒よりもちょっと薄い「鉄の色」。  ※貨車は今回作るのと違うタイプです
今回作った黒プラ板のコイルは、無塗装の段階でも結構実物に近い感じですね。



IMG_3534.jpg
黙々と作業を続けて、10個つくりました。



さあ、次はいよいよ塗装ですね。

つづく


 【ホットコイル台車 記事バックナンバー】
  くろがね線の貨車を作る~ホットコイル台車(3)チキを切り詰めて台枠を作る
  くろがね線の貨車を作る~ホットコイル台車(2)台座の形ができた!
  くろがね線の貨車、新シリーズ製作開始!~ホットコイル台車(1)
  


おじさん頑張るけん、「拍手」頼むばい!
   ↓
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蓬莱電鉄

Author:蓬莱電鉄
-------------------------

福岡県の古賀を起点に活動している電車・バス好きのおじさん。
「蓬莱さん」と呼ばれることが多いです。

おもに近所での撮り鉄や鉄道模型(N)の加工を気ままに楽しんでおります。

Yahoo!ブログサービス終了に伴い、2019年6月1日からFC2ブログに引っ越ししてきました。

累計訪問者数('19.6.1~)
当月投稿状況
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示