西鉄58MCラストラン!西鉄バス北九州全営業所制覇の旅

西鉄系列の西日本車体工業(西工)製のバス車体の中でも代表的な存在である「58MC」と呼ばれるタイプが、昨日今日のラストランツアーをもって引退となりました。

58MCはそれまでの42MC(カマボコ)、53MC(ハンペン)などのモノコック構造から設計を一新、昭和58年(1983年)に登場しました。
当時私は小学校3年生。
スケルトン構造で角ばったデザインに衝撃を受け、「新型バス」と呼んで狂喜したものです。

次の世代となる96MCが平成8年(1996年)に登場するまで配備が続き、一時期は3000台以上といわれる西鉄グループの大部分を占めたものと思われますが、いよいよ最後の1台となった小倉営業所の6661号車が本日をもって引退となりました。


北九州58MCツアー
今回、そのラストランツアー企画を、西鉄旅行主催でファン向けに公募されたと聞き、すぐに応募!
北九州の土地勘がない私ですが、全営業所を回ることもできちゃう・・・。
しかも北九州市営バスの58MCもコラボ!
いやホント神企画ですよこれ!!


昨日今日の2日間、それぞれ午前の部と午後の部があり、計4ツアーが設定されましたが、私は初日となる昨日の午前と午後参加しました。



IMG_6672.jpg
昨日の朝8時集合ということで、5時台に起きて北上、砂津バスセンターに到着すると、早速北九州市営バスの姿が!
今回のツアーで使用される2台の58MCが並んでいました。
北九州市営バスがここに入ってくるのって普段あるのでしょうか?
なかったら、それも貴重なシーンということになりますよね!

まずは後ろ姿しか撮れませんでしたが、このテールライト!
「ゴルキン」と呼ばれるゴールドキング製のちょっと立派なやつ。
同じ58MCでも、他の事業者ではシンプルなライトだったりしますもんね。


受付後、くじ引きの結果、私は前半北九州市営バスに乗り込むことに。



IMG_6756= - コピー
出発したら、まずは西小倉駅の西にある青葉営業所へ。

早速、日当たりの良い状態で2台並びを撮ることができました!
西鉄が出しているLED表示(急行252番、東大谷行)、結構レアなやつだと思います。
(私には分かりませんが、北九州地区の路線に詳しい人はその価値が分かるはず)



IMG_6802= - コピー2
次に、門司港地区へ移動。
199号線の上り坂でフォトランです。
背景に関門海峡が写る好撮影地。



IMG_6814= - コピー
順序を入れ替えてもう1回!



IMG_6850 - コピー
次は、田野浦バス停のところの門司営業所。
初めて来ましたが、三角形の乗り場、背後の年季の入った社屋、とても良い雰囲気です。
ここに北九州市営バスが来ているのは激レアなはずです。



IMG_6922= - コピー2
次は、「白野江(しらのえ)」バス停の奥、かつて路線があった「青浜」へ。
海沿いに駐車して記念撮影です。
北九州市営のほうのLEDは、矢印デザインが特徴的な都市高速経由の小石営業所行。
ここで、西鉄のほうに乗り換え。



IMG_6968= - コピー
次は少し南下した「喜多久(きたく)」地区の海岸線。
ここもかつては路線があった所らしいです。



IMG_7007_20220116214521fed.jpg
午前の部最後の訪問地は、恒見(つねみ)営業所。
砂津で見たピンクの連接バス、ここに来るんですね~。



IMG_7055=.jpg
砂津の車庫に戻ってきて午前の部終了。
後続の北九州市営が横切った際に、「58MCラストラン」という団体札と絡めてパチリ。



午前の部終了後は、向かいのチャチャタウン(商業施設)へ。
北九州弁でよく使う「~ちゃ」(「~だ」の意)から来た名称と思われます。
その中の回転寿司で昼食です。
午前の部がちょっと時間が押したので、少し急ぎめで。

また砂津バスセンターに戻り、午後の部の受付。
私はまた北九州市営でスタートです。



IMG_7106= - コピー
最初は戸畑営業所へ。
下段の車庫を見学。
今回のツアー車の仲間である58MCが2台残っていました。
ナンバーが切られていますので、先に引退した車たちですね。



IMG_7169= - コピー
そこから徒歩ですぐの戸畑渡し場では、北九州のシンボルのひとつである若戸大橋をバックに撮影会。
北九州市営は〔10〕若松渡場行、西鉄は〔90〕戸畑渡場行をそれぞれ掲出。
それぞれ実際にあった路線で、若戸大橋の両岸の渡場を表示して並ぶのもアツイですね~。



IMG_7206= - コピー
次は、スペースワールド駅前へ。
ロータリーを移動する北九州市営バスを、八幡製鉄所の東田(ひがしだ)第一高炉跡を背景に。
設置年を示す「1901」の看板も見えますね。



IMG_7320 - コピー
次は、八幡営業所へ。
年季の入った社屋をくぐって、北九州市営バスが入り込んでいる貴重な光景。
LEDは、共同運行していた〔急行〕芦屋鶴松団地行。
内容は同じですが、表現が違うのが面白いです。



IMG_7401 - コピー
次は、香月(かつき)営業所。
国鉄香月線の香月駅跡に立地しています。
ここは引退済みの58MCが3台いて、その横に駐車してくれたため、58MCの5台並びとなりました!
しかもぜんぶ角目ライト。
西鉄のLEDは、今はなき遊園前営業所行。


このあと西鉄に乗り換え。
ツアーは東進し、なんと山越え。
途中、「畑観音(はたかんのん)」というかつての終着点を車窓から見て、アップダウンと急カーブを繰り返す県道61号で、運転士さんのテクニックとエンジンの音を堪能したのでした。



IMG_7445= - コピー
次は中谷営業所。
ここは以前参加したツアーの出発地で、唯一来たことがある営業所。
さっき若戸大橋の所で出た渡し場のLED。
これいいな~。
北九州市営って、若松が拠点ですし、らしさが出ていますね。



IMG_7461= - コピー
日が落ちて、最後の訪問地である弥生が丘営業所。
新興住宅地の上にあり、大野城市の「月の浦営業所」みたいな印象を持ちました。
西鉄は午前の部で出た〔急行242〕のLED、北九州市営は・・・



IMG_7474.jpg
なんと、このツアー専用、しかも最初で最後の「ありがとう58MC 【北九州市交通局・西鉄バス】」!!
去りゆく西鉄の58MCを、もうしばらく残る北九州市営が見送るメッセージですね。



IMG_7463= - コピー
サイドにもメッセージLED。
感動的ですね~。


このあと砂津に戻って夕食(午前とパターンは同じなので、また回転寿司)。

IMG_4966.jpg
寿司は大好物なので、昼に続いてどんどん食べました。
参加者の方々から、北九州の路線などについて教えていただいたりして、とても楽しい時間を過ごせました。



まだ今年が始まったばかりですが、早速良い思い出ができました。

お会いした方々、運営の皆さん、ありがとうございました!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

勝手ながらコメントさせていただきます。福岡の中途半端なバス好きです。
平成ヒトケタ後半生まれの私にとって、子供時代のバスといえばこのVI化後赤白塗装の58MCでした。(西鉄の53MCはおそらく物心つくくらいで完全に消えてしまっていたようです。またVI化前の塗装も記憶にありません。昭和バスの53MCには乗ったことがあるような朧げな記憶があります。)
普段はバスを熱心に追いかけるというわけではないので正確な情報ではないかもしれませんが、福岡地区の私の生活圏では2019年9月に油山観光道路の路線で見たのが最後になりました。96年製造終了の58MCは少なくとも2010年代後半にかけて多く見かけていましたから、最後の方の年式では平均でも20年以上の稼働ということになります。実に長く頑張っていたと思います。最後の1台となったこちらの小倉6661は1992年式ですので、最低でも29年以上の稼働になったようです。すごすぎます...
バスの稼働年数はどんどん長くなっていますから、96MCは2040年近くまで活躍してくれるか...?と期待しています。西工車体が走る福岡の風景を長く見たいものです。

Re: No title

平成ヒトケタさま

おびただしい数いた西鉄の58MCも、ついに風前の灯ですね。
赤バスや西工車が貴重品となるときも来るのでしょうけど、電気バス化されるなどして意外と長生きする個体もいるかもしれません。
路線や本数の削減による規模の縮小も影響する可能性がありますね。
プロフィール

蓬莱電鉄

Author:蓬莱電鉄
-------------------------

福岡県の古賀を起点に活動している電車・バス好きのおじさん。
「蓬莱さん」と呼ばれることが多いです。

おもに近所での撮り鉄や鉄道模型(N)の加工を気ままに楽しんでおります。

Yahoo!ブログサービス終了に伴い、2019年6月1日からFC2ブログに引っ越ししてきました。

累計訪問者数('19.6.1~)
当月投稿状況
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示