ばたでんと木次線でめぐる出雲路の旅(9)~ばたでん完乗、松江へ戻る

出雲路の旅の続きです。

1泊2日の1日目の最後、旧JR大社前駅から出雲大社へ。
そして宿泊地の松江に戻ります。





旧JR大社前駅から参道を歩き、出雲大社へ向かいます。
西側にある旧参道も歩きたかったですが、帰りの電車の時間の関係で、やや急いで最短ルートをとります。





20分弱で、出雲大社の入口に到達。
でも、ここからもう少し中を歩かねばなりません。





さらに10分ほど歩き、拝殿と本殿(左奥)を見ることができました。
ちらっと見える巨大な本殿の屋根、本当に神々しかったです。





敷地内にあった巨大な国旗。
ばたでんの車窓から見えたのは、これだったのですね!






あっ、消防隊!





10分ほど歩き、またばたでんの出雲大社前駅へ。
ここから川跡(かわと)へ行き、乗り換えて電鉄出雲市へ向かいます。
この新型電車、乗るの3回目・・・。





川跡に到着。
右のやつに乗り換えです。
あれも川跡から高浜まで乗ったやつです。





折り返して出雲大社前へ向かう新型としばらく並走、別れました。








程なくして電鉄出雲市に到着。
これで一畑電車は全路線完乗であります!
いやぁ~、めでたい!





高架駅ですが、終着駅の雰囲気はありますね。
右に接している高架は、JR山陰本線です。




下に降りると、デハニの大きなイラスト。





ばたでんの一日乗車券と、各駅で買った入場券。
(松江しんじ湖温泉だけは翌日朝に購入)






ばたでんの駅の入口。
高架上クリーム色のところが、ばたでんの線路の終端部です。





隣接するJR出雲市駅は、中央にでかい上屋が足されてます。
やはり出雲大社のイメージなのでしょう。





中は、出雲の伝説(?)の絵。





ホームに上がると、松江まで乗車予定のキハ(左)と、特急「やくも」がとまってました。
「やくも」は貫通式で赤スカートのタイプ。





回送表示の381系がもう1本きて並びました。





松江へ向かう途中、宍道湖と夕空がきれいでした。




松江に降り立つと、「トワイライト瑞風(みずかぜ)」がとまってました!
初めて見ました!





ちょうど松江に来る日だったのですね~。
完全にノーマークでしたよ。





食堂かな?





ソファが並ぶサロン。

いやぁ、思いがけずいいもの見れた~!






7時間ぶりに戻ってきた駅前は、雨の演出で美しく黄昏てました。






夕食は、ちょっといいお店で♪



締めは、出雲そばと日本酒~!



これにて1日目は終了!

1日とは思えないほど濃密でした。



2日目に続きます。
(つづく)






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。本当に一日とは思えない濃い旅ですね。381の並びも素晴らしいです。

No title

本当に乗り鉄、撮り鉄、食事までなんて素敵な旅!

No title

> 御来欧音(おらいおーね)さん

濃すぎて、ヘトヘトになるのも無理ありませんね・・・(汗)

381系、そのうち後継車への置き換えが始まるでしょうから、駅撮りでも撮れてよかったです。

No title

> nis*****さん

欲張りすぎて、結構ハードな旅ですよ~(汗)
プロフィール

蓬莱電鉄

Author:蓬莱電鉄
-------------------------

福岡県の古賀を起点に活動している電車・バス好きのおじさん。
「蓬莱さん」と呼ばれることが多いです。

おもに近所での撮り鉄や鉄道模型(N)の加工を気ままに楽しんでおります。

Yahoo!ブログサービス終了に伴い、2019年6月1日からFC2ブログに引っ越ししてきました。

累計訪問者数('19.6.1~)
当月投稿状況
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示