ばたでんと木次線でめぐる出雲路の旅(15)~鉄道代行バスで備後落合へ

15回目となる出雲路の旅の旅行記。
だいぶ終わりに近づいてきました。


木次(きすき)線完乗を目指すも、大雪のため途中の出雲横田から備後落合の山越え区間が代行バス輸送に。

代行バスで、スイッチバックで有名な出雲坂根に到着、雪深い駅周辺を見て回ったところからです。





出雲坂根を出るとすぐ、「奥出雲おろちループ」に差し掛かります。





ループの途中。
低い所にあるのがこれまで通ってきた道。
これから右の赤い橋へ。

中央やや上の山を横切る、落石よけのついた線は、木次線の線路と思われます。





ループが終わり、分水嶺の看板が現れました。





出雲市や松江市に至る斐伊川(ひいかわ)水系と、江津(ごうつ)市に至る江の川(ごうのかわ)水系の分かれ目です!





国道を外れ、まだ雪の残る道へ。





三井野原(みいのはら)駅です。






出雲坂根駅と同様、新しい駅舎になってます。

列車が出雲坂根からスイッチバック経由で急勾配をゆっくり走ってくるより、バスのほうがよほど早いようで、かなり停車時間がありました。
代行バスの乗客のほとんどが降りてきて、思い思いに写真を撮ります。





雪の量がすごいです。





ここはスキー場があるところで、周囲には旅館がたくさんありました。
どれもすごく年季の入った建物で、かなり古くからスキーリゾートとして開発されたことが想像されます。





出雲坂根と同様、狭い待合室。






ホームと線路は雪に埋もれてました。



そろそろ発車です。





ん?あれは?





スキー場のリフトです!
しかも稼働してました!





線路をまたぐところから、駅の方向を見る。
中央の線路は真っ白です・・・。

駅が近いことを表す「三井野原」の黄色い看板が、そこが線路であることを示してます。





国道314号に合流し、先へ進みます。
あの看板は・・・





ついに県境を越えます!!
グッバイ!島根県!!





油木(ゆき)駅。





鉄分センサーが反応!!
道沿いに黒貨車を発見しました。
ワラ1?ワム60000?





少し山を下り、備後落合駅が見えてきました!
17:00、列車とほぼ同じ時刻に到着です。

貴重な鉄道代行バスでの移動は、これで終わり。
ここから芸備線の列車に乗り換えです。
(つづく)



明日は会社の先輩の送別会で遅くなりそうなので、ブログは運休になると思います。








スポンサーサイト



プロフィール

蓬莱電鉄

Author:蓬莱電鉄
-------------------------

福岡県の古賀を起点に活動している電車・バス好きのおじさん。
「蓬莱さん」と呼ばれることが多いです。

おもに近所での撮り鉄や鉄道模型(N)の加工を気ままに楽しんでおります。

Yahoo!ブログサービス終了に伴い、2019年6月1日からFC2ブログに引っ越ししてきました。

累計訪問者数('19.6.1~)
当月投稿状況
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示