ばたでんと木次線でめぐる出雲路の旅(7)~ばたでん出雲大社前駅と保存車

今日から3月。
もう春ですね~。

火災予防週間と消防団の夜警も始まりました。



シリーズでご紹介している出雲路の旅、引き続き「ばたでん」こと一畑電車の出雲大社前駅についてご紹介します。



高浜駅の近くで保育所に保存されている旧型車を見た後は、出雲大社前行電車に乗り込みました。





北側の車窓に、国旗が見えてきました。

ん? ちょっと待って!
あの国旗、大きくない?
家並みのはるか向こうにあるのに、あの大きさで見えてます。

謎やなぁ・・・。




終点の出雲大社前に到着~。
すぐ隣に、保存車のデハニ52がいます!
雲州平田の車庫にいたデハニ53とは1番違いの同型車ですね。





古レールを使って組まれたホーム上屋。





もう1本あるホームは、もう一つのりばがあったのか、荷物や貨物の積み下ろし用だったのか・・・。





改札のほうから電車のほうを振り返る。





駅舎外観。
昭和5年(1930年)開業時からのものらしいので、もうすぐ90年か。
丸屋根の凝ったデザインですね。





登録有形文化財、近代化産業遺産だそうです。





駅舎内部。
天井が高いです。
上部にはステンドグラス。
右の円筒型の飛び出し部分には窓口跡らしきものがあり、元々出札口(切符売場)であったことが想像されます。




鉄製の格子のところにある窓口跡。
凝ったデザインですね。





駅舎を出て南側に回ると、保存車のところに行けます。





新たに整備された増設ホーム。





デハニ52の説明板。
登場から90年も経過している車両です。
ばたでんを舞台にした中井貴一主演の映画「ALWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」に登場したことなどが書かれてます。






やや重たい手動の引戸を開き、車内にも入れます。
木の質感がたまりませんね~♪
手すり棒が全然ないのが意外です。





運転室部分。
旧型電車は棒1本で客室と仕切られていたりしますね。
シンプルな計器類。
助手席側の手回しブレーキもいい感じ。






荷物室(奥)と客室の仕切り扉も開閉できます。
「デ」・・・電動車
「ハ」・・・普通車(「イロハ」の「ハ」で3等車=普通車)
「ニ」・・・荷物車
という形式記号からも、普通車と荷物車の合造車ということが分かりますね。



雲州平田では見ることができなかった車内も見れて満足~。







駅の北側には出雲大社の入口が見えてますが、その前に、反対方向の南側へ歩きます。

ここから南側に歩いて移動ということは、何を見に行ったか予想がつく方もいらっしゃるでしょうね・・・(笑)
(つづく)






スポンサーサイト



プロフィール

蓬莱電鉄

Author:蓬莱電鉄
-------------------------

福岡県の古賀を起点に活動している電車・バス好きのおじさん。
「蓬莱さん」と呼ばれることが多いです。

おもに近所での撮り鉄や鉄道模型(N)の加工を気ままに楽しんでおります。

Yahoo!ブログサービス終了に伴い、2019年6月1日からFC2ブログに引っ越ししてきました。

累計訪問者数('19.6.1~)
当月投稿状況
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示