シュエン


鉄分多めのボーネンカイ。

キューエン


鉄分多めのボーリング。

昨日の幸福列車

今日は日中も寒かった~。
冷蔵庫内の温度ぐらいなんだから、それもそうだ・・・。
 
 
 
昨日ちょこっとだけ撮った分を。
 
 
ダイナマイト忘年会に参加するため、電車で博多へ。
時間帯もちょうどいいので、幸福列車の下り便を撮ってから♪
 

  15:58、いつも撮らない場所から、古賀の進入を撮影。
  ちょっと微妙・・・。
 

  7分ぐらい停車です。
  同業者が数名おられました。
 
  

  415系と一緒に。
  この幸福列車、結構気合い入ってるみたいなので、客車両端の「SL人吉」のロゴぐらい差し替えても良かったような気もします。
 
 
博多までの途中の駅で撮影できるので、このあとの快速で先回り。
停車がある香椎で降りようと思いましたが、「折角博多まで行くっちゃけん、中古の模型ば見ときたいやん!」という雑念が・・・。
 
で、香椎では降りず。
 
 
 
そしたら、多々良鉄橋でDE10の重単とすれ違うではないか・・・。
 
 
これは、黒DEどうしが香椎あたりで並ぶんやない??
 
 
 
――案の定、香椎で並んだそうで・・・
 
あ~、あん時、香椎で降りときゃよかった~~
 
 
 
ほんで、幸福列車の到着も撮らず博多で模型屋を巡るも、自分の欲しいものはなかったという・・・
 
 
でも、そのあとのダイナマイト忘年会で、探してたものを手放そうとしている人を約1名発見!!

ちょろっと銀ムド+オマケ

2男の掛け算九九を聞きながら、「あの赤ん坊が、もう九九を習ってるんやな~」と感慨深い管理人であります。
 
 
今日はREDとしては最後の廃回が上ったそうで・・・。
近所なら行けたのですが、平日昼間の北九は年内無理そうです~

 
 
今朝ちょっとだけ近所で撮りましたので、それを。
 
 

  8152レ。
  ED76-1015牽引、EF81-304のムド(無動力回送)付きでした~。
 
  天気予報では晴れそうでしたが、東の空に雲が多くてドン曇りでした~。
 
 
ご一緒だったK様、お疲れ様でした~。
 
 
せっかくなんで、銀釜のムドとか重連次位の過去画でも出しときましょう。
 

   今日みたいなパターンで304号機が福タから8152レのムドで付いた時のぶん。 '11.9.21
   1014号機も、最近見ないね・・・。
 

   これは何度か出してますね。8152レの次位で、パンタ上げの重連。      '10.5.17
   1023号機、全検明けでピッカピカ。
 

   同じく8152レ重連。405号機も休車ですね。  '10.3.12
 

   これは早朝の57レが重連総括だった頃。407号機は焼失してしまいましたね。  '09.5.30 香椎
 

   57レの折り返しで総括だった8094レ。13:30過ぎの通過で、ド逆光でした。  '09.11.28
   

   これはお昼の上りの7050レ。日曜は重単(重連単機)でした。  '10.3.14
 

  同じく7050レ。白ヒゲさんと304の共演。   '11.2.20
  それにしても、私って行動範囲が狭いですね~(汗
 

   303号機が震災後の富山貸し出しから帰還した時。   '11.5.27 門司
 

   304号機の帰還の時も撮りに行きました。     '11.6.17 門司
 
 
明日は、'12.12.12記念切符の日ですね。
JR九州西鉄バスも出すみたいですね~。
 
103系の入場回送が上ってきてるみたい。
明日の午後あたり入場か?

12の日に因んで・・・

鉄用の年賀状の図案作りに熱中しすぎ、やっとブログを書いている管理人であります。
 
 
今日は北朝鮮から「人工衛星」が発射されるなどして、なんか落ち着かない日でした~。
 
 
黒牽引の103系入場回送も仕事で撮れませんでしたので、12に因んだやつを・・・。
 
 
――月並みな「12系客車」です・・・。
 
 

  以前も出したのですが、'91.4.1の門司港です。
  左から急行「かいもん」、「サザンクロス」、お座敷「山編成」。
  いずれも12系客車です~。
  (「かいもん」は25形寝台も混結)
  これが日常の風景でした・・・(汗
 
今や九州の客レは人吉号だけ・・・。
 
来年の「ななつ星」に期待!!
 
ではGood Night~!!

旧駅名の入場券とか

今日は、昔買った入場券で、今は違う駅名となっているものをご紹介します。
 
昨日の'12.12.12の記念切符よりも貴重かも・・・(?)
 
 
 

  まずは身近なやつから。鹿児島本線の「筑前新宮」です。
 
  こないだ、国鉄形の自動券売機の記事の時にも出しましたね。
 
  新宮町と福岡市東区の境界線付近に立地し、「筑前新宮」という駅名だが厳密には新宮町の駅ではない
  という話は有名でした。(地元付近では)
  開業は大正9年。
  今より300m門司港寄り(完全に新宮町の中)にあった新宮信号場が格上げされて駅となったことが、
  駅名と所在地の相違の元だったのかもしれません。
 
  高校の頃に最寄駅として毎日利用しておりましたが、当時は古い駅舎で、通過していく快速を恨めしく
  見送っていた記憶があります。
  この切符、日付けからして、高校入試時に購入したものと思われます。帰りがけとは思いますが・・・。
  入試で頭が一杯のはずですが、集めていた入場券はちゃっかり購入か・・・

 
  ’08年(平成20年)3月、「福工大前」に改称して現在に至っており、その2年後の’10年(平成22年)3月には
  新宮中央駅が新設され、新宮町待望の駅となったことは記憶に新しいところですね。
 
               
 

  次は、同じく鹿児島本線、北九州の「新中原(しんなかばる)」。
  '70年(昭和45年)7月、鹿児島本線の駅としては比較的最近の開業。
  '90年(平成2年)11月、現在の「九州工大前」に改称しています。
  日付けからお分かりのとおり、駅名変更の直前にわざわざ訪れたものです。
  (これも「葬式鉄」の一種でしょうね・・・)
 
 

  これは篠栗線(福北ゆたか線)の「城戸(きど)」。
  ’68年(昭和43年)5月、それまで吉塚から篠栗までだった篠栗線が桂川まで全通した際に開業。
  高校入学前、助廣急行氏と篠栗線各駅を訪れた際に購入。
  訪問記念の入場券代わりに駅近くの店舗あたりで購入した乗車券です。
  ’01年(平成13年)10月、電化。
  ’03年(平成15年)3月、「城戸南蔵院前」に改称しています。
 
 

  これは長崎本線の「三田川(みたがわ)」。
  ’43年(昭和18年)開業。
  近くに吉野ヶ里遺跡が発掘され、吉野ヶ里歴史公園の最寄駅として’93年(平成5年)10月に「吉野ヶ里公園」
  に改称。
  その後’06年(平成18年)に三田川町は隣村と合併して「吉野ヶ里市」になっています。
  中学の時、先生と吉野ヶ里遺跡に行った時にわざわざ購入。たぶん入場券がなかったのだろうと思います。
 
 

  これは久大本線の「筑後千足(せんぞく)」。
  開業は'31年(昭和2年)。旧浮羽町の中心街の最寄駅でした。
  '90年(平成2年)5月、「うきは」に改称しました。
  その後、浮羽町が周辺町村と合併して「うきは市」になり、こちらも駅名の後を追うようになっています。
  私が訪れたのは駅名改称の前日。つまり、筑後千足駅としての最終日でした。
 
 

  最後は、皆さんご存知「西鹿児島」。
  1913年(大正2年)、武駅として開業、'27年(昭和2年)、八代-鹿児島が海岸線経由で全通し鹿児島本線と
  なったのに合わせて「西鹿児島」に改称。(それまでは人吉経由の肥薩線が鹿児島本線だった)
  '04年(平成16年)3月、九州新幹線が新八代から部分開業して乗り入れるのに合わせて「鹿児島中央」に
  改称し現在に至っております。
 
 
 
とまぁ、いろいろWikiってご紹介しましたけど、現駅名の切符を1枚も持っていないことは内緒です・・・

あんまり長くないロンチキ

今日はすごい風です。
そういえば、木枯らし1号って、今年はいつ吹いたのかな?
 
 
今朝は出勤前にちょろっと近所で撮影しましたのでそれを。
 
 
朝まどろんでいたら、某板に工臨北上との報。
あまり見ることのない編成でしたので、すぐに起きて線路際へ。
 
7:00前、既に通過してしまっていたら悲しいな~とか思いながら待つことしばし。
踏切が鳴り、上り列車のない時間なのに上り矢印。
 
たぶんこれやな・・・
 

  来ました。
  標準色のDE10の姿。
 

  ちょっと待て、背後から下り列車が接近!
 

  ISO3200まで上げて、ズーミング流ししながらバシバシバシ・・・  (このコマは明るさ補正済み)
 

  バシバシバシ・・・
  ロンチキの7両バージョンは初撮影。
 

  ケツ撃ち・・・と思った時に下りが到達。
  あと数十秒で被られるとこでした~~
 

  下りが去ってからピントを合わせた頃には、だいぶ先まで行ってました・・・。
  最後尾が中央緊締車の7両編成という、まるで交番検査の時のような編成。
  通常の200mレールで13両じゃなくて、100mレールとかだったのかな(?)
 
 
明日はゆっくり過ごそうかな~。

幸福列車と76とLNGと銀牟田

今日はあいにくの雨模様でしたね。
 
 
朝、ヨメを職場に送っていったついでに、あの丘へ。
 

  レモンティーの丘です。
  ドン曇りですが、せっかくなので幸福列車をパチリ。(暗く写りすぎましたので少し調整)
 
 
帰宅しようとして、古賀駅付近を通りかかった時に、見覚えのある少年を発見。
TATSU様でした。
そしてkamotudaisuki様も。
なのでしばらく一緒に撮影~♪
 

  10:37、2074レ。
 

  10:52、2071スジ。
  下りは数分遅れてました。
 

  10:59、1063スジの停車。
 

  11:06、曇っていたので発車は踏切から。
  発車はほぼ定時。
 
これにて撤収。
LNGタンクコンテナが載るようになったという8153レを撮りに南下しようと思いましたが・・・
 
しまった! 子供たちの昼食の用意をしてない・・・

 
帰宅して昼食の用意。
バタバタ終らせて、線路際へダッシュ。
南下どころか、近所もギリギリの時間・・・。
 
 

  11:50、カメラのセッティングもままならぬうちに8153レが迫ってました。
  もうブレブレです・・・。
 

  ほほう、これかぁ~。
  初めて実物を拝むことができました~♪
 
 
また帰宅。
そして私も昼食。
 
ちょっとゆっくりして、期日前投票のついでに、銀釜牽引の1152レを撮ります。
 

  雨の中、陸橋の上で待機。
  雨ですが、逆光よりマシということで撮りに来たのでした。
  14:18、左上の彼方に機関車のヘッドライトが見えた頃、以前被ってきた下り列車が通過してくれました。
  よしよし、今回はかぶられんぞ~。
 

  銀釜牽引の大牟田貨物1152レ。
  銀タンコ、黄タンコ、海上コンテナの3種類が揃ってます。
  撮りたかったアングルでゲット!
  しかも、架線柱が一番うるさいあたりに空コキがハマってくれました♪
 
 
このあと夕食のカレーを作り、ヨメを迎えに行きました。
 
 
天気はイマイチでしたが、なかなか良い撮影でした~。
 
ご一緒したkamotudaisuki様、TATSU様、お疲れ様でした&ありがとうございました。
 
 
 
明日は晴れる予定ですが、私は仕事で朝から夜まで缶詰です~

西鉄宮地岳線の今(1)福間周辺は宅地開発

選挙速報とか見ながら記事を書いてたら、日付が変わってた・・・(汗
 
土曜日、ヨメを職場へ送って、幸福列車を撮るまでの間に探訪した、旧西鉄宮地岳線跡地の姿をご紹介します。
 
 
西鉄宮地岳線は、'07.4.1に西鉄新宮-津屋崎が部分廃止され、貝塚線と改称されました。
部分廃止から5年以上たった現在の状況です。
 
 
福間から津屋崎を回ったので、順次いきましょう。
(古賀市域の跡地はあまり変化してないので回ってない)
 
まずは、旧西鉄福間駅付近。
 

  駅前の案内図には、まだ駅が残ってます。
 

  ここが、ちょうど駅前だったところの現在の姿。
  上の案内板は右端に写ってます。
 

  これが、ほぼ同じ地点から見た、廃止1年後の姿。 '08.4.12
  バスの転回場があり、その奥のフェンスの向こうの砂利敷が駅舎跡で、その向こうに線路がありました。
  右端に見えている住宅は、現在も残っていますね。
  

  現在、奥にあるプレハブは、ちょうど駅舎があった所かな。
  ちょっと新宮方面を見た感じですが、ズラーッと新しい住宅が建ってますね~。
 

  宮地岳線最終日の駅舎。 '07.3.31
  当時はコンデジさえなく、200万画素のケータイでしたが、それでも撮っててよかった・・・。
 

   最終日、ホームから津屋崎方面を望む。
 

  福間は交換設備のある駅でした。
  さよならラッピングも懐かしい・・・。
 
数百メートル津屋崎寄りへ移動してみましょう。
消防学校の裏らへんです。
 

  津屋崎方面。
 

  福間駅・新宮方面。
  こちらも宅地開発ですね・・・。
 
 
さらに津屋崎寄りに数百メートル、陸橋の上から。
 

  福間駅方向を見下ろす。
  幅が狭い跡地は、そのまま。
 

  '08.4.12の状況。
  ほぼ同じかな。
 

  反対の、津屋崎方面。
  陸橋の直下は、立派な住宅の敷地になってます。
 

  少しカメラを右に振ると、宮地嶽神社のある山と、その右の麓に向かって延びる廃線跡(もっと昔に廃止された区間)。
 

  津屋崎方面を見た'08.4.12の状況。
  2つ上の写真とほぼ同じアングル。
 
 
さらに、宮地岳、津屋崎のほうへと移動してみます。
(つづく)
 

西鉄宮地岳線の今(2)宮地岳と津屋崎も宅地開発

今週は業務が集中し、残業基調の管理人であります。
 
 
前回記事の続きで、旧西鉄宮地岳線跡地の話です。
 
前回は西鉄福間駅周辺でしたが、今回は宮地岳駅と終点津屋崎駅周辺です。
 
 

  宮地岳駅跡地にやって来ました。
  右の枯草らへんが線路や駅があったところ。
  宮地嶽神社の参道へ向かうこの通りを線路が横切ってました。
 

  新宮方向を見る。
  ここも新しい住宅がどんどん建っているようです。
 

  廃止後まだ1年位の頃の同地点。  '08.4.12
  路盤や駅舎跡がよく分かる状態でした。
 

   さらに、営業運転最終日の同地点。  '07.3.31
   右端の茶色いT字屋根は、現在も残ってますね。
   砂利道は現在、拡幅・舗装されて延伸しているようです。
 

  駅舎のあった辺りは、完全に宅地開発。
 

  ほぼ同じ地点から。  '08.4.12
 

  営業最終日の駅舎。
  右手に、初詣の団体客を捌く出入口を有してました。
 
 
結構だだっ広い印象だった宮地岳駅が、住宅がひしめく場所になろうとは・・・
 
 
次に、終点の津屋崎駅に向かいました。
 
 

  あれれっ?
  駅舎の跡地に民家が・・・。
 

  ほぼ同地点から、廃線1年後の姿。  '08.4.12
  駅舎が取り壊され、線路が撤去された状態。
 

   ちょっと寄ってますが、営業最終日の駅舎。  '07.3.31
 
 

  ちょっと向きを変えて。
  線路の終端部の跡。
 

  廃線後1年の姿。  '08.4.12
 

  ちょっと寄ってますが、営業最終日の線路終端部。   '07.3.31
 
 
 

  現在建っている家だけでなく、駅の跡地いっぱいに20戸近い住宅が建つようです。
 

  建売のチラシも貼ってありました。
 

        「電車延長記念」の石碑だけが、駅の存在を物語っていくのでしょう・・・。
 
 
宮地岳線跡地シリーズ、終了です~。
 
ではではオヤスミ~。
 
プロフィール

蓬莱電鉄

Author:蓬莱電鉄
-------------------------

福岡県の古賀を起点に活動している電車・バス好きのおじさん。
「蓬莱さん」と呼ばれることが多いです。

おもに近所での撮り鉄や鉄道模型(N)の加工を気ままに楽しんでおります。

Yahoo!ブログサービス終了に伴い、2019年6月1日からFC2ブログに引っ越ししてきました。

累計訪問者数('19.6.1~)
当月投稿状況
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示