SLフィギュア こういうのもワクワク




職場の先輩がSLフィギュアをくれました。
「鉄道ファン」誌の監修らしいです。

東京で交通博物館に行った際、テツな私のことが思い浮かんだらしく、
お土産に買ってきてくれたのです。

職場にテツ開示をしていない私ですが、その先輩だけは知っています。(その先輩は非鉄ですが)
親類に小倉工場勤務の方がおられた関係で、「普通の人」に比べかなり詳しいです。
(幼少時、テツの「英才教育」を受けていたらしい。)


さて、先輩に感謝しつつ、そのフィギュアを開けてみましょう。

つや消し黒にウェザリングまで施された小さなSLが入っていました。
情景ストラクチャーは扇形機関庫でした。
SLが2両つくのはこの扇形機関庫だけらしいです。アタリ?


写真1 箱の外観
     対象年齢は12歳以上。

写真2 箱を開封
     SLが2両。デゴイチとシゴナナ。
     車輪やロッドは動きません。
     小さいけど、よーできてますね。

写真3 箱の中身
     地面も機関庫もいい感じの仕上がり。
     期待感が膨らみます。

※ 次回は、組み立てた様子をご紹介します。

スポンサーサイト



SLフィギュア 棒みたい



SLを取り出してみると、機関車と炭水車が一体となっていました。

棒みたいで、不思議な感じです。

そういえば、ラインナップされている情景は、全て直線状でした。


写真1 一体型の機関車・炭水車
     棒みたい…

写真2 シゴナナ同士の類似品
     缶コーヒーか何かのオマケのC57を並べてみると、ほぼ同寸でした。
     奥が今回のフィギュア、
     手前が缶コーヒーのオマケ。

SLフィギュア 雰囲気あるやん



明日は2男の運動会です。

模型をいじる時間はとれそうにありません。


さて、SLフィギュアの最後です。

機関庫にSLを並べて鑑賞します。


写真1 SLを置いてみる
     ちゃんと車輪がレールに乗ります。
     レール上面が銀色に輝いています。この辺は開発者のこだわりですね。

写真2 人間の目線で鑑賞
     ウェザリングの効果もあり、なかなか迫力があります。
     前面の開放テコにはよほどこだわったようですね。

クモハ123 そりゃないやろー


今日は2男の運動会でしたので、模型の時間はとれませんでした。

先日取り掛かった作業をご紹介します。


集中クーラーの「修正」です。


GMクモハ123キット付属の集中クーラーは、写真のようにランナーから荒っぽくもぎ取ってあり、
クーラー本体が凹んでしまったいるため、バリを削って修正、というわけにいかない形状です。

仕方なく、接着剤を盛って整形することとなりました。

GMさんはとても素敵なメーカーさんですが、ここはもう少し丁寧な作業をお願いしたいところです。

クモハ123 生え際の問題




昨日は知人(消防団関係)の結婚式で夜まで天神方面に出ていましたので、更新できませんでした。
現役の分団長の結婚式とあって、100人の列席者のうち実に34人が消防団関係者で占められていました。
(席次表を見た時は、さすがの私もギョッとしました。)


さて、うちのクモハ123は、マイクロエースからの完成品発売に(できれば試作品の発表にも)
間に合わせるため、製作が続いています。
(訪問やコメントしてくださる皆様がいなかったら、とうに挫折していたはずです・・・)

ねずみ色との塗り分けに、意外とモタついている生え際部分ですが、もう一度マスキングして
白で修正することと相成りました。

写真1 修正前
     カッターで削ったりしてみるも、下地の青が出たりしてうまくいかず。
     物臭な私にしては珍しく、再修正を試みることに。

写真2 修正中
     マスキングしてから、もう一度白で修正。

写真3 修正後
     「ピシャーッと」とはいきませんでしたが、「よかよか、よかくさ、上等。」と
     博多人のイイカゲンさを露呈しつつ作業終了。
     (写真では妙に良く見える・・・)

クモハ123 銀色がキレイ




集中クーラーをそれなりに整形し、銀色にしました。

ねずみ色の屋根に銀色のクーラーが美しく映えます。


写真1 整形前(再掲)
     側面中央に、もぎ取られた跡が残っています。
     このまま使うのはさすがに・・・。

写真2 整形後
     まあまあきれいになりました。

写真3 銀色に塗って屋根に仮置き
     銀色はけっこう隠ぺい力が強いです。

クモハ123 ねずみ色の色差し



屋上のパンタグラフ周りの配管と、正面・側面の方向幕のHゴムに
ねずみ色の色差しをしました。

細かい作業なので、一度にうまく行くはずもありません。

車体色のアクリル系ではなく、エナメル系の塗料で筆塗りし、
はみ出したところを薄め液で消して修正します。

エナメル系の薄め液はアクリル系塗料を溶かしませんので、
安心して作業ができます。


写真1 屋上配管と正面方向幕
     けっこう修正を繰り返しています。

写真2 側面方向幕

黄色もあるとね?


明日は西鉄のイベントに出陣します。

宮地岳線関係で欲しいものがなければ、バスコレ・鉄コレを買う予定です。


さて、写真は今日見つけたヒガンバナです。

赤と白は知っていますが、黄色は初めてです。

珍しいと思いません?

何かいいことあるのでしょうか?

赤いのは、火に似ているからか、粗末にすると火事になるとか聞いたことがありますけど。

西鉄電車まつり







今日は筑紫車庫の西鉄電車まつりの初日に行ってきました。

その模様をご紹介いたします。


写真1 チラシ
     右上が出入口。

写真2 出入り口
     開会直前の行列。今年は小倉工場や地下鉄とダブりませんでしたから多いかも?

写真3 入ってすぐの行列
     ここで左は鉄道部品、右はグッズ(鉄コレ・バスコレ含む)に分かれます。
     やっぱり並んだのは左。

写真4 部品販売コーナー
     手前の駅名標は「入札」との貼紙が。欲しい・・・。
     12:00までに入札、13:00開札、15:00までに受取。
     部品販売は先のテント。10人ずつ入れ替え。
     吊革100円、方向幕、駅の料金表、改札鋏(宮地岳線)、「西」マーク(大牟田線)、
     銘板などがありました。
     持ち帰れないものは、その場で宅配の受付もしてくれます。駐車場がありませんので電車利用を。

写真5 車両番号プレート
     これも入札。

写真6 グッズコーナー
     バスコレ・鉄コレはすごい人数が並んでいましたが、昼過ぎには列はなくなり悠々と買えました。

収穫物





今日は午前中ソフトボールの試合、午後はクモハ123の製作でした。

妻子が実家に泊まりに行っているので、思い切り羽を伸ばしています。


昨日の西鉄電車まつりで買ったものをご紹介します。


写真1 落札した駅名標をくくってもらうところ。
     行く前に「もしかしたら、出てないかな~。」と願っていたモノ。
     入札でGETしましたよ~。
     「こが」と「こがゴルフじょうまえ」。枠つき。
     地元ですから。
     「はなみ」も入札しましたが、井上陽水の歌に出てくるとかで、他の人が高値をつけました。

写真2 「西」マーク
     けっこうたくさん売ってました。
     売り場の係員に聞いたところ、肌色の塗料が付着しているので2000形のものだとか。

写真3 展示中の2000形と「西」マーク
     遊びでやってみました。

写真4 バスコレ
     駅名標で使い果たしたため、自分用の1個だけ。鉄コレまで手が回りませんでした。

プロフィール

蓬莱電鉄

Author:蓬莱電鉄
-------------------------

福岡県の古賀を起点に活動している電車・バス好きのおじさん。
「蓬莱さん」と呼ばれることが多いです。

おもに近所での撮り鉄や鉄道模型(N)の加工を気ままに楽しんでおります。

Yahoo!ブログサービス終了に伴い、2019年6月1日からFC2ブログに引っ越ししてきました。

累計訪問者数('19.6.1~)
当月投稿状況
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示